資材部A.T

2015年入社

今のあなたの仕事とやりがいについて

資材部とは、製造に必要な材料や、工場の設備用の部品を購入・管理している部署です。
「資材部」と聞いてまずイメージするのは「発注」ではないでしょうか。発注するためには、見積もりを取ったり、サプライヤを選定したり、注文書を発行したりと様々な作業があります。この「注文書の発行」が今の私の仕事のメインです。この他に、資材部は「納期の管理」や「納入品の管理」などを行います。資材部とは、製造にむけて下準備をする部署だと私は思います。
また、部署の仕事以外に事務員として、電話対応や来客時のお茶出しも行っています。眞鍋造機はとてもアットホームな社風で、質問や意見も発言しやすいです。社長や上司との距離も近く、若手がやりたいことにチャレンジできる環境だと思います。周囲のサポートを受けながら、私も少しずつ自分でできる仕事が増えてきました。調べたり、教えてもらったり、自分で考えたりと日々学ぶことだらけです。学生時代の勉強とは違った難しさもありますが、知識が増えるたびに少し成長を実感でき、それがやりがいに繋がっています。

仕事を通じて印象に残っているエピソードと、働きたい人へメッセージ

入社してしばらく経った頃に、工場でデッキクレーンを見た時のことがとても印象に残っています。
自分で注文した部品が実際に製品に使われていて、感動しました。現場の方に、それぞれの部品がどのように使用されているのか説明していただいたのを、今でも覚えています。普段、現物を目にする機会はあまりありませんが、工場に足を運んだ際に自分が発注した物を見ると、「自分も製造に関わっているんだな」と実感します。

私は入社当時、専門的なことはなにも分かりませんでしたが、働く中で少しずつ知識も増えてきました。分からなかったことが分かるようになったときは、とても嬉しいです。社内には各分野のプロがたくさんいますので、専門的なことが分からない人はもちろん、すでに専門的な知識が豊富な人も、入社してからたくさん学べると思います。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。眞鍋造機に新しく仲間が加わるのを、楽しみにしています。