会社案内

社長挨拶

代表取締役社長 眞鍋将之

眞鍋造機株式会社

代表取締役社長眞鍋 将之

弊社は1955年、船舶用鋳造メーカーとして創業以来、「独創」「活力」「研鑽」を社是に掲げ、独自技術による、船舶用機械、一般機械装置を製造販売してまいりました。そして、半世紀以上にわたって、船主様・造船所様はじめ取引先の皆様からの多大なるご支援をいただき、現在の船舶用甲板機械・荷役装置の総合専門メーカーという姿に至ります。

私たちのミッションは、「"信頼と革新”で地球規模のくらしを支える」です。世界中のインフラを担い、大海原を航海する船舶・海洋構造物が安心して活躍できるよう、製品の品質はもとより、アフターサービスを主としたサービスの品質向上に絶え間なく取り組んでまいります。また、これまでに蓄積いたしました経験と技術を活かし、お客様に新たな付加価値を提供できる製品・サービスの開発にも、より一層挑戦してまいります。

IoT・AI(人工知能)といった技術革新や、人口減少問題、エネルギー・環境問題といった様々な社会課題により、日本のものづくりが大きな変革期を迎えようとする中、日本のものづくりを”誇れるものづくり”として受け継ぎ、発展させることを目指し、眞鍋造機はチャレンジを続けてまいります。

今後とも、皆様のより一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

経営方針

Vision企業が目指す、あるべき社会・組織の姿

誇れるものづくり

人生は一度きり。ひとりひとりが誇れる”もの”づくりに没頭し、みんなで誇れる”ものづくり”を達成できる社会・組織を目指します。

Mission企業としての存在意義・価値

”信頼と革新”で地球規模のくらしを支える

世界中のインフラを担い、大海原を航海する船舶・海洋構造物を、絶対的な”信頼”で支えます。“革新”によって、新たな付加価値を創造します。

Core Valueビジョン、ミッションを実現するために従業員ひとりひとりが持つべき価値観(社是)

独創・活力・研鑽

独自の発想で創り出し、エネルギーを費やし、みがき深めたものは”誇れるもの”にちがいない。

経営理念

ビジョン、ミッションを実現するための会社(企業)の使命

1.会社とはそこで働く人々が、現在および将来の物心両面で幸せを見いだせる場でなければならない。
2.会社(企業)の使命は永続性にある。会社が存続していく為には、儲けなければならない。

会社概要

社名 眞鍋造機株式会社
代表者 代表取締役社長 眞鍋 将之
創業 1955年
資本金 60,000,000円
従業員 216人(2017年9月現在)
業種 船舶用甲板機械・一般機械装置の製造販売
営業品目 船舶用甲板機械・デッキクレーン・バケットクレーン
売上高 73億4,000万円(2016(平成28)年実績)
平均年齢 約39.5歳
事業所 ■本社MAPを見る
営業部・技術部・工務部・品質保証部・サービス部・資材部・経理部・総務部
〒799-2113 愛媛県今治市高部甲633-3
TEL 0898-41-9217 / FAX 0898-41-6568
≪E-MAIL≫
営業部:
資材部:
総務部:

■東京営業所MAPを見る
営業部
〒108-0014 東京都港区芝5丁目13-18 いちご三田ビル2階
TEL 03-6435-2966 / FAX 03-6435-2015
≪E-MAIL≫
営業部:

■西条工場MAPを見る
鉄工部門・機械加工部門・組立部門・検査部門
〒793-0003 愛媛県西条市ひうち字西ひうち3-2
TEL 0897-55-1350 / FAX 0897-55-1180

■大西工場MAPを見る
部品製造部門
〒799-2206 愛媛県今治市大西町脇882-4
TEL 0898-53-2519 / FAX 0898-53-5473

■波止浜工場MAPを見る
加工部門
〒799-2118 愛媛県今治市波止浜162-1
TEL 0898-41-8283 / FAX 0898-41-6061

■三豊工場MAPを見る
鉄工部門・機械加工部門
〒769-1611 香川県観音寺市大野原町大野原4928-1
TEL 0875-52-3166 / FAX 0875-52-6475

沿革

1955年 1月愛媛県今治市波止浜736に眞鍋鋳造所創業
1960年
1月愛媛県今治市高部甲633に碁石山工場を建設、ディーゼル駆動型揚錨機、係船機、揚貨機製造開始
3月有限会社眞鍋鋳造所設立 資本金70万円 取締役社長 眞鍋 頼雄
1961年 10月三井造船玉野造船所向電動式ウインチ製造開始
1964年 9月愛媛県今治市波止浜162-1に本社工場を建設
1965年 5月眞鍋造機株式会社に組織変更 資本金345万円
1967年
1月石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所、三菱重工業株式会社下関造船所と取引始まる
11月川崎重工業株式会社神戸工場に油圧甲板機械納入開始
1968年 5月資本金455万円を増資、資本金800万円となる
11月香川県三豊郡大野原に同工場誘致等1号の適要を受け、三豊工場を建設、鉄工部門を本社工場より分離
1969年 6月資本金400万円を増資、資本金1,200万円となる
1970年 2月天井クレーン製造認可工場となる 愛媛基収 第2185号
6月資本金1,200万円を増資、資本金2,400万円となる
10月愛媛県越智郡大西町に仕上げ、組立て、試運転工場として、大西工場を建設、本社より分離
1971年 5月資本金600万円を増資、資本金3,000万円となる
1972年 10月取締役社長に眞鍋 宅美
1973年 1月川崎重工業株式会社認定協力工場となる
1974年 9月構造改善のため、鋳造部門を廃止。碁石山工場を機械工場として改造
1980年 4月愛媛県今治市高部甲337-8に本社を移転
1981年 6月西条臨海工場用地に、西条工場建設予定地を購入
1982年 9月電動油圧式デッキクレーン開発。西条工場第1期工事完成
1987年 10月バケットクレーン開発
1991年 9月西条工場増築工事
11月代表取締役会長に眞鍋宅美、代表取締役社長に眞鍋三雄就任
1994年 5月西条工場第2期工事完成
1997年 6月日本海事協会舶用事業所承認取得
2000年 10月ISO9001取得
適用範囲及び製品:船舶用各種クレーン及び甲板機械の設計、開発、製造及び付帯サービス
関連事業所:西条工場、大西工場,波止浜工場、三豊工場
2001年 3月インバーター制御電動式甲板機械を開発、発売開始
2008年 8月東京営業所開設
2009年 10月西条工場第3期工事完成
2010年 4月EH-CRANE (Ecology & High Performance)インバータ制御電動油圧式クレーンを開発
2013年 2月愛媛県今治市高部甲633-3に本社を移転
2016年 9月東京都港区芝五丁目13番18号 いちご三田ビル2階に東京営業所を移転
11月代表取締役会長に眞鍋 三雄、代表取締役社長に眞鍋 将之就任
2017年 9月資本金を6,000万円に増資